読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本多学のブログ

絵のこと。病気のこと。

14さい

あのこははだかになって
水平より少し近くにいる
例えば列車の向こうで
音が現れるとかね
みんなの自由は
もう自由とよべない
あのこは登校しても
白いシーツにつつまれて
まどろむだけの14さいで

きたないもの

きたないものをみる
きたないこころとかんじょう
うまれたら
だまってころされる
だからぼくは
きたないものをみる
むらさきのつぶつぶをみる
空の点点をみている
だまってころしている

花火

あの子とは
花火にいったね
冬だったら
さむかったのにね
くつがぬげてしまい
自動車はとぎれない
あの駅前もかわって
鳥たちが消えてった
いつもきいてた耳すら
ばくはつおんがきこえない

明日とか

この世界がたぶん
神様のつくった
ぜんぶがウソだとして
宝石のまう夜空に
小さく告白したりして
上手くは生きていけない
彼女はとても儚くて
夢はとても辛くって
でも明日も生きるんだろうな

赤いカサ

けんこうてきなおんがく
ぼくたちのお墓
無人駅に赤いカサ
きっと旅人の忘れもの
けんこうてきなはぐき
けんこうてきなあめ
そしてそして
輪廻を終える

春の金魚

春は風が吹く
春は雨が降る
でも詩人は生きられない
空想のバターを
焦がしてる
それじゃだれも
救われないから
僕は今日
金魚になりたい

こんなにたくさんの
花束をかかえてるのって
誰のためなのか
惑星に月が刺さる
あの人が星になって
ぼくの天地がはがされて
年をとるとけがれてく
車輪のない車は動かない